エルは光を掲げぬ、エルは美を語らぬ、エルは善を示さぬ─────偽りある万物の父よ、真のエルは何処におわすのか───── D'angband
2013/08/04 Web修正
現在0.3.Xαを開発中です。いずれの版も動作保証は行っておりませんので予めご了承下さい。

D'angbandとは

D'angbandはMoria/Angbandから発祥し、直接には変愚蛮怒から派生する*band系ローグライクです。Nethackなどの別シリーズのシステムやフレーバーもある程度取り入れられています。
プレイヤーの目的は運命の大迷宮の50階にあるイェンダーの魔除けを入手して、神々の座に加わることにありますが、その後もさらなる試練や挑戦が待っているでしょう。

バージョン毎のゲームデザイン更新履歴

随時確認・追加中

変愚蛮怒 Version1.7.2 から D'angband 0.2.0 までの変更

  • *勝利* 条件の変化
    • 鉄獄100Fにいる『混沌のサーペント』の打倒から、主に『運命の大迷宮』50Fに存在するイェンダーの魔除けを入手した上、都市「イェンダー」の祭壇に捧げることになった。
  • プレイヤーキャラとモンスターのシステム的同化
    • 変愚までは別個のステータスや数値的傾向を持っていたプレイヤーとモンスターのシステム部分を同化した。
    • モンスターもプレイヤーと同様のレベルと経験値を所持するようになった。
    • モンスターも文明を持つような知的な種類については種族、職業、性格を持つようになった。
    • モンスターもアイテムを所持、装備するようになった。
    • アイテムドロップの処理は基本的にモンスターが所持しているものがドロップされるようになった。
    • 攻撃などの一部の行動処理はプレイヤー、モンスターとも共通のルールで処理されるようになった。
  • 種族に関する仕様の変更
  • 混血システム
    • 種族を二種類選ぶことによる混血種族の選択が可能になった。
    • 先述の混血種族の仕様追加に伴い、変愚蛮怒に存在していた従来の混血の種族について、「ハーフエルフ」は削除、「ハーフオーク」「ハーフトロル」「ハーフオーガ」「半巨人」「半タイタン」はそれぞれ純血の種族として扱う形になった。
  • 種族的特性
    • アンデッド系、人造系の種族や、さらに細かい副次的な種族は、変愚のr_info.txtで扱われていた所のフラグ上で扱うようになった。
    • 変愚に存在していたアンデッド系種族「吸血鬼」「ゾンビ」「骸骨」「ゴーレム」「アンドロイド」「幽霊」については、上記のフラグ上で実装する形に変更された。特に、変愚の「幽霊」については「リッチ」と呼称を改めた。
    • エルダールの副種族として「ヴァンヤール」「ノルドール」「テレリ」が追加された。(プレイヤーの種族的追加はまだ未実装)
    • ドラゴン、ドラコニアンの副種族として「赤竜」「白竜」「青竜」「黒竜」「緑竜」
    • Xangbandの憑依システムからのテーブルを参考に、先述のプレイヤーとモンスターのシステム的同化に伴った、
  • 新種族に「混沌の王族」「アヴァリ」「ウルク」「オログ」「ジュラル星人」「イウォーク」を追加した
    • アイテムに適性サイズの概念を導入した。

今後の主な予定仕様

  • 変愚蛮怒からさらにプレイヤーの選択可能な種族、性格を追加。
  • 種族ルールに主種族/副種族のシステムを加え、混血などの様々な特性を表現。
  • Moria/Angband以来表現されてきたエピックな世界をよりルール的に表現するために『神格』システムを導入。種族、職業、性格、そして権能を組み合わせることでプレイヤーキャラの能力がさらに多岐に変化する。
  • 『*勝利*』条件達成までの目安プレイ所要時間を抑える一方、やりこみのための『真*勝利*』の達成条件はさらにシビアかつ挑戦的に。
  • フィールドマップの拡大。プレイヤーのスタート地点はキャラクタ毎に異なり、地元の試練を制覇してから、広大な〈混沌〉の地平を旅する展開へと進む。
  • モンスターの能力値やルールを大幅見直し、プレイヤーと対称性をもったシステムとバランスを得るに伴って、新仕様をいくつか実装。
  • 変愚で実装された、プレイヤーの「徳」と「善悪」のシステムを属性アリーシャンス制に変更。〈善〉〈悪〉〈秩序〉〈混沌〉、そして〈天秤〉の値がプレイヤーキャラの運命を分かつ。

Copyright

 2010-2013 Deskull (Sikabane Works)                                          
                                                                             
       Based on Moria: Copyright (c) 1985 Robert Alan Koeneke                
           and Umoria: Copyright (c) 1989 James E. Wilson                    
                                                                             
    Angband 2.7 - 2.9: Ben Harrison (benh@phial.com)                         
         日本語版 1.2: しとしん, sayu, FIRST, TeO                            
                                                                             
    Old ZAngband code: (Mr) Topi Ylinen  f1toyl@uta.fi                      
    New ZAngband code: Robert Ruehlmann  rr9@thangorodrim.net               
 ZAngband 2.3.0 - ???: The ZAngband DevTeam                                  
    ZAngband 日本語版: 板倉充洋  itakura@users.sourceforge.net              
             変愚蛮怒: Mr.hoge (echizen@users.sourceforge.jp)&多くの方々